デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
バストリッチケア
ジャウムソープ
愛し合うとき、痛みや違和感を感じたら

こんにちは。

ジョン&マリー スタッフのまゆみです。

 

フェムテック(女性の健康をテクノロジーで解決しよう!)という言葉が、

2021年の流行語になり、

TV、雑誌、YouTubeやInstagramから見聞きしても、抵抗感は少ないと思います。

 

それでも、

フェムテックと関連する、

性、セックス(sex)、セクシャル、ラブロージョン、

アダルトグッズ、セルフプレジャーなどの言葉に対して、

抵抗感を感じる方が多い。

 

今月発売された雑誌の中には、「新時代のsexual」として

ほぼ全てのページに”性”についての記載がありました。

しかも、20代へ向けた雑誌です。

 

タブーとされて隠す時代から、女性も性にポジティブになる時代へと、

性に関する文化の転換期だと実感しました。

 

性交渉について、誰でも彼でもにオープンに話そうというわけではないですが、

実際に、性交渉のトラブルで悩みを抱えたことがある人はとても多いです。

 

愛し合う経験が少ないことや、

愛し合う想像が遠いこと、

緊張、

初体験など過去の痛みの経験、

加齢に伴うホルモンバランスの変化などから、

「痛み(性交痛)」 を感じた。

 

愛し合うパートナーがいることで、肌に触れあいたいと自然に思う。

ただ、抱きしめてほしいときもある。

ただ、たくさんキスをしたいときもある。

 

その先の身体を重ねるとき、痛みや違和感を感じる経験があったとしたら、

つい、その違和感を隠してしまっていませんか?

 

1度隠したら、また同じように隠してしまった。

 

違和感や痛みを感じた経験が、

パートナーとの触れ合いを心や体が拒否してしまったとしたら、愛し合うことが辛くなる。

 

愛し合うことが辛くなったら、パートナーへ伝えてみて。

そして、話を聞いてパートナーに抱きしめてもらって。

愛しあうことは、パートナーあってこそ。

これからも続くパートナーとの関係において、パートナーシップが欠かせません。)

 

 

男性は、あなたのからだの変化を感じにくいことも。

(女性でも、男性のからだの変化を感じにくいですよね。)

 

「痛みがある、濡れにくい、ゆっくり優しく触れてほしい。」

 

このコミュニケーションの積み重ねが、

あなた自身もパートナーにとっても、心が解け合うような関係を作ります。

 

ここに触れてほしい、こんなことをしたいとお互いに話せる時間は、

今以上に楽しい、ワクワク、ドキドキ、知らない幸せを感じる時間へ繋がるはずです。

 

 

そして、

潤滑ゼリー(ラブローション)を使ってみてください。

 

ラブローションは、滑りをよくし、痛みを和らげます。

今は、口にしても美味しいラブローションもあります。

(ジョンマリは、暖かさ、冷たさを感じるプレイジェルも)

 

ラブローションを使ったら、愛し合うことが辛くなくなった!

感度が上がった

パートナーに喜んでもらった

大胆になれた!

パートナーともっと仲良くなった!

 

 

使ったからこそ感じられる変化と経験をあなたにも。

 

ラブローションの種類について

ラブローション(潤滑ゼリー)は大きく3種類。

・ウォーターベース

・オイルベース

・シリコンベース

 

ジョン&マリーのラブローション(潤滑ゼリー)は、

「ウォーターベース」(水由来のローション)

肌になじみやすい

(皮膚への刺激が少なく、使用後に洗い直す必要がありません。)

オーガニック99.5~100%

(主成分は肌に優しい厳選自然素材)

ベタベタしすぎない(粘りが自然)

(※ヌルヌル感をだす化学合成剤は不使用)

 

コンドームとの相性もいいので、安心して使用できます。

 

水にもこだわっており、

北アルプス山脈の地下から取れた超軟質の水を使っているので、肌にとっても優しいです。

(※超軟水は肌に一番適した水だと言われています)

 

愛し合って生まれた愛の結晶である、あなた。

ジョン&マリーのラブローションで、素敵な時間を!

 

 

この記事を読んでいるあなたへ

悩んでいるのはあなただけではありません。

少しでもホッとしたり、解決策の選択肢を広げられたらという想いをこめて。

 

ジョン&マリー まゆみ

  • 愛し合うとき、痛みや違和感を感じたら
  • 女は頑張ると、ブスになる!|全ての女性に愛と勇気と笑いを!
  • 夫婦喧嘩の翌朝は、愛とセックスと笑える話!
  • 失恋はアナタを魅力的な女性にしてくれるから!
  • 潤滑ゼリーには、”植物療法”という考え方を取り入れています
  • 男と女の愛と性について【セックスは最高のエクササイズ】
おすすめの記事