デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
バストリッチケア
ジャウムソープ
女性が喜ぶセックス!幸せなセックス3つのポイント!!

男と女には”これッ”という答えはないけれど、誰もがどうしても知りたいこと。ラブローション&デリケートゾーンケアの専門ブランド「ジョン&マリー社長」のラブレッスンに、ようこそ!

愛と性を探究して、これまでに500人の女性と出逢い、恋愛やパートナーシップ、セックスとオーガズムのこと、女性の心と身体について学んできました。

結論から言うと女性は奥が深い。

500人の女性との出逢いで、全てが分かったなんて言えませんが多少は理解できたかな?と感じます。

女性の中にある神秘性や、男には理解できない感情、女性の生きる本能など。女性特有のピュアなハートや美しい輝き、そして女としての可愛い嘘なども!どれも女として生まれてきた特権だと思います。

500人の女性から教えてもらった「女性の本音」

  1. 女の性感帯は全身にある
  2. 女は少し悪い男が好き
  3. 女はもっと男性に褒めてほしい
  4. 女はセックスの下手な男性が苦手
  5. 女にも抑えきれない性欲がある
  6. 妻の不倫は夫にはバレない
  7. 女は本気でイったふりができる

これが女性達から聞いたこと。

そして40代になると射精をゴールにしないセックス、イクことにこだわらないセックスも大切なことだと。

”男の人って、勃起しないといけないと思っているけど、優しく抱きしめてくれるだけで女はイクこともあるのに”

男は射精するためにセックスをしたい。そして感じさせイカせたいと考えてセックスをします。年齢に関係なく、これが男のセックスの知識なんです。

僕も20代の頃は、無知なセックスをしていたと思う。キスして下手な愛撫をして、濡れたら挿入して腰を動かし射精する。これがセックス、愛しあうことだと思っていました。

それしか知らなかった。女性が声を出して感じているなら、それがエクスタシーだと勘違いしていたんです。未熟だったと思います。

若い頃は性の知識はありません。週刊誌やAVを見ては、あれがセックスのテクニックだと勘違いしてしまうのが男です。

男にとって大切なことは

  1. 間違った知識で女性を傷つけないこと!
  2. 知ったフリをしないこと!

幸せなセックスをしてほしい。そして女性の心も体も潤わせてほしい。

それは男の人生に最も「価値ある事」だということに気が付きました。全てを手にした男でも、たった一つ手にはいらないものが女性の心。そんな悲しい男にならないためにも!

心あるセックスを知ることだと!

健全な肉体であれば、勃起して女性を抱きたいと思うのは男として当然の本能、でも最近は化学物質だらけの食生活で本能が目覚めていない男性も多くいるようです。

また40代50代になると仕事のストレスで男の機能が衰えたり、考えすぎてEDになったりセックスをしたいのに相手がいない男もいる。相手がいてもセックスレスの人もいる!

日本は世界一のマスターベーション大国です。最近は本物の女性とセックスをするのは面倒、バーチャルな女性を見ながらマスターベーション(射精)をした方がいいと考えている男達も多くいるそうです。

(*東京大学2019年の性調査では、19歳~37歳の男性の4人1人がセックス未経験)

最近は一人エッチのためのラブグッズが売れていますが、一人エッチもいいけどズ~っとそれじゃ味気ない。なんのために男と女がいるのか分からない。

セックスは二人でするもの。愛という無限のエネルギーを交換しあう、それがセックスだと思います。

幸せなセックス【3つのポイント】とは?

①二人の仲がいいこと

②健康であること

③心にゆとりがあること

この3条件がそろって幸せなセックスができます。仲が良くなければ、セックスをする気もおきない。健康でなければ性欲もわかない。お金にゆとりがなければ落ち着いてディープなセックスはできない!

「心の余裕」はセックスにとって、一番大切な要素。幸せなセックスができるということは、この世で一番幸せなことだと感じます。

そして射精をゴールにしないセックスには多くの効用があります。

射精をしないセックスは精液の栄養が全身を駆け巡り、男にパワーとエネルギーを与え、女性を引き寄せる色気やフェロモンを出してくれるという説もあります。(*自説)

実は実際に射精しない男性と出会い、確かめてみました。

55歳になる射精をしない男は、3カ月間連続で好きな妻と毎日愛し合うとどうなるのか?という実験をしました。その間に射精をしたのは2回だけ、射精しないで女性を満足させるセックスをしたそうです。

その結果、最初は濡れなくてラブローションを使っていたけど、今は潤うほど濡れるそうです。(*女性の年齢は49歳。閉経だったのに生理が始まったそうです)

彼は「毎日、勃ちつづける体の作り方」も発見しました。毎日愛し合うことは、仲が良くないと出来ないから妻を機嫌よくさせる方法も見つけたそうです。

女性が鼻歌を歌うために、男として何ができるのか?

当然、男なら仕事が安定してないと集中してセックスはできないし、心から満足してもらうにはストレスがあっては上手くいかない!

愛のあるセックスのお礼として、月に2〜3度、気持ちよく男も射精する!それが幸せなセックスだと彼は言っていました。

そんなセックスをしている男はいい顔をしています。女性を幸せにしている男の顔は自信に満ちています。

女性のために素敵なセックスを実践している男は、体も精神も健康で雰囲気も穏やかで優しい。彼のように射精を目的にしないセックスは、女性を幸せにするようですね!

潤うセックス、気持ちいいセックス、感じるセックス、美しくなるセックス、幸せなセックス。

セックスを秘め事として知らないふりをして過ごすより、愛を込めて幸せなセックスを始めた方がいい。「人生は一度きり、好きな人と愛しあって心が満ち足りた人生を送ってほしい」と願います。

ジョン&マリーは愛から生まれたセクシャルコスメの専門ブランドです。男が女性を幸せにしたいと願い作ったオーガニックコスメを一度使ってみてください!

使って頂いた全ての女性に、永遠の愛が手に入ることを心からお祈りしています。

JOHN & MARY ORGANICS

  • 男と女の愛と性について【セックスは最高のエクササイズ】
  • 女性をいたわるセックス!終わった後の彼の態度でわかる。
  • セックスで一番大切なこと!|ラブローションを作って分かったこと!
  • 男と女には、4つの言葉だけあればいい!|すべては愛のために~
  • セックスが愛に変わる。妻が心から求めているもの、それは?
  • 愛した分だけ愛されると思うから苦しくなる
おすすめの記事